上本博紀

画像




鳥谷選手の負傷退場により急遽、上本選手に白羽の矢がたった。
そして周知のとおりの大活躍。


かつての掛布選手のデビューがデジャビューした。


レギュラーの藤田平選手が結婚式で不在。
野田征稔選手は母親を亡くして帰郷中。

そこでにきび面の高校出の選手が起用される。
そしてそのチャンスを見事に生かし活躍。
そのまま球団、球界のスターに成り上がっていった。


今回も鳥谷選手が怪我。
ここで普通なら大和、となるのだが負傷療養中。

そしてたまたまファームから上がっていた上本が起用された。
そこでワンチャンスを逃さずヒーインをゲット。

プロの世界では実力より運が必要とされる。
俊介選手の言うとおり「もっている」かもしれない。


その俊介選手は広陵時代の後輩である。
高校時代は蹴飛ばしていた後輩が今やレギュラーとなってしまった。

ヒーイン時のアナから「後輩の俊介選手へ」とマイクを向けられるも
素直に応じない。

当然だ。先輩の意地がある。


しかしその上本選手にとっての先輩が怪我をした早稲田卒の鳥谷選手だ。
年齢的には蹴飛ばすどころか「天皇」レベルか。

また金本選手の連続試合出場を止めたのが広陵の後輩、俊介。
「天皇」どころか「神様」の域だろう。



こういった体育会系の縦社会の構図は大好物であり、見ていて
涙が出るくらいゾクゾクする。



なお、上本選手は小技がきき二番打者で起用を、という記事も出ているが
個人的には彼は一番or七番あたりでノビノビとプレーをさせたい選手だ。
走攻守すべてにおいてダイナミックなプレーを魅せる選手であり
例えるなら仁志選手だろうか。


こじんまりまとまらないでほしい選手である。






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

面白い
ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック