沖縄旅行 3日目


3日目です。


まずは備瀬のフクギ並木。
海岸沿いに約二百数十の家がありますが、その道筋の両側には、まっすぐ伸びた大きなフクギの並木になっています。
フクギはオトギリソウ科の木で、フィリッピン原産の常緑広葉樹。沖縄県が北限。 
県内には、約500年ぐらい前の南蛮交易時代に東南アジアから移植されたということですが、防風林として沖縄各地のの集落を風、潮などから守ってきました。
その中でも、ここ備瀬の並木は規模も大きくて立派。
中には樹齢300年以上と推定される物もあります。とにかく音がまったくなく時がとまった感覚になります。

画像

コース案内に沿って独特の世界へ誘われます。

画像



画像

主を発見。




続いて今帰仁城。
琉球が中山に統一される前の「三山鼎立時代」には山北(北山)王の居城とし、また中山が三山を統一後には琉球王府から派遣された監守という役人の居城でした。外郭を含めると7つの郭からなり、その面積は首里城とほぼ同規模で、城を囲む石垣は地形を巧みに利用し曲線を描き、城壁のディテールは美しく、沖縄屈指の名城です。 2000年に座喜味城跡、勝連城跡、中城城跡、首里城跡、園比屋武御嶽石門、玉陵、識名園、斎場御嶽と共に本村の今帰仁城跡の九つの資産が「琉球王国のグスク及び関連遺産群」として世界遺産リストに登録されました。

画像


画像


画像

結構雑な積み方だったりしますw


画像

駐車場で車を降りてからずっと金属音が聞こえていました。
受付のおばちゃんに何の音か訊いてみるとオオシマゼミだとか。
みんなに訊かれるようでパネルも用意されていました
わきの木をみたら確かに大量のセミが


続いて古宇利大橋。
2005年2月に全長1960mの古宇利大橋が開通しました。本部半島の北東に位置する、面積わずか3.11平方kmのとても小さな島ですが、海の景観がひときわ素晴らしいです。観光地施設がないのが良いです。

画像


画像


画像


画像



画像

曇っていて残念でしたがそれでも大変きれいでした
晴れていたらどれだけ素晴らしくなるのでしょうか。




続いて宜野座。
阪神タイガースのキャンプ地です。

画像


画像



画像


画像


失礼ながら・・・
これだけ っと・・
地方球場感がひろまっており、もし自分が新外国人だったら
「なんか・・すごい国に・・・来ちゃったんだなあ」
と寝られなくなりそうな。プロ球団使用ならせめてサブ球場はほしいところです。

画像


画像

ドーム練習場は立派でした



沖縄自動車道の伊芸SA.
上下線とも展望台があり東海岸を一望できます。


画像



ということなので立ち寄りましたが

画像


やはりこのねずみ色の風景・・。


画像


てゆーか・・


画像




さらに


画像


暴風雨がひどくなり、ワイパーもきかないほどに。





画像

そそくさと宿へ。ルネッサンスリゾートオキナワ。みんな避難所のようにホテルに駆け込んでいましたw
ここも広大な敷地でした。複数のマンションが連結しているかのようでホテル内をあるくだけで
探検気分です


画像

主を発見w



画像

プライベートビーチ。プール、海上レストランなどが売りなのですが、全て立ち入り禁止に
残念。。。不憫に思ったホテル側が温泉施設を無料開放してくれました。 とりあえずホッコリ


画像




施設利用は限られてしまいましたがこのホテルはサービスも含めて素晴らしかったです。
お代ももちろん跳ね上がりましたがラグジュアリー感に浸りたいのならお勧めです。


天気予報は明日も芳しくなく・・・奇跡の好天を祈念して・・就寝。













ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック