ぶらり三渓園

三渓園に行ってきました。

横浜市中区本牧三之谷にある大庭園です。横浜の実業家原富太郎(号三渓。1868―1939)が1905年(明治38)に築造しました。翌年から一般に公開され、1953年(昭和28)からは財団法人三渓園保勝会の手に移されています。

海岸に近い、自然の山や谷の地形を利用してつくられた約5万8000坪(約19万1400平方メートル)の日本庭園で、海景を取り入れた自然式総合庭園。左右に池泉と丘、正面に三重塔が見えるよう地割され、明治から大正にかけて関西や鎌倉から移した建造物を巧みに配置しています。室町時代の旧燈明寺(とうみょうじ)三重塔、桃山時代の伏見(ふしみ)城遺構・月華殿、江戸初期の徳川家別邸・臨春閣、二条城にあった聴秋閣、織田有楽(うらく)の茶室・春草廬(しゅんそうろ)、さらに飛騨(ひだ)の合掌造の民家・旧矢箆原(やのはら)家住宅など(いずれも国の重要文化財)があります。国指定名勝。

画像



画像


残念ながら現地につくころから日差しが陰ってしまいました。

画像

それでも紅葉の名所なのですごい人、人、人です。

画像

幼いころ、親戚の叔父さんに連れて行ってもらいはしゃいでいる写真が残っていますが
記憶にまったく残っていません
こういった素晴らしい場所の記憶が消えているのは大変もったいない・・。


画像




画像


画像



画像


年配の方が目立ちますたが、みんな望遠レンズやら三脚やら、ものごっつい装備です

画像



撮影ポイントでは壮絶な場所取り争いも・・・皆さんホントお元気です・・

画像



画像



画像



画像


画像



画像



画像



画像


画像


画像



画像



画像

合掌造り。


画像

中はとても広かったです。

画像

            根性松です。


画像

            本牧プール。子供の頃何回か行ったらしいですが、こう見ても全然記憶がない・・・


画像

隣接する横浜市八聖殿郷土資料館に行きました。
本牧臨海公園内にある八角三層の建物。昭和初期の政治家・安達謙蔵[あだちけんぞう]が選んだ八聖人(キリスト、ソクラテス、孔子、釈迦、聖徳太子、弘法大師、親鸞[しんらん]上人、日蓮上人)の像を安置した精神修行の道場。現在は郷土資料館となっています。


画像

なんでもかんでも集めればいいてもんじゃないでしょ、と足を踏み入れましたが
実際見てみると壮観でした。例えは違うでしょうけどウルトラの兄弟が総出演した回の
ような感動がありました。


画像



画像



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

面白い
ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック