千葉旅行 2日目

2日目です。


画像


朝食、食べ放題。
ところで成田山新勝寺は白人の旅行者が多かったです、流行りなのでしょうか。
ということでこのホテルの宿泊客も白人が多いです。
そして彼ら彼女らの食べ放題の食べっぷりときたら・・・

そりゃ戦争も負けるわけです。

画像

お世話になったルーホテ。

画像

今日は佐倉を廻ります。昨日はJRを使いましたが今日は京成線。

画像


なんか良いです。


佐倉といえば国民栄誉賞受賞ミスターです。

画像



画像

駅前に銅像でもあるのかなとキョロキョロしましたが見当たらず・・

代わりに「駆けっこの像」がありました。
小出義雄監督の下で練習に励んだ高橋尚子と有森裕子という2人のメダリストが、現役時代にジョギングに使用したコースがあるためです。 「駆けっ子の像」は、「京成佐倉駅」の北口駅前にあるマラソンランナーをイメージして作られた銅像です。その台座には、それぞれのメダリストが走ったコースが刻まれています。


画像

これはミスターに由来??

画像

佐倉市立美術館

画像

麻賀多神社。
本殿は、天保14(1843)年、幕府老中堀田正睦が造営したもの。延喜式に名がのる由緒ある神社で、10月の祭礼には県内では最大級の大神輿や山車なども出ます。

画像


佐倉中学校。言わずと知れたミスターの母校。

画像

茂雄少年が毎日ここの通学路を歩いていたかと思うと感慨深いです。

画像


城下町だけあって校門前が大手門跡でした。
更地になっていましたが何かできるのでしょうか。期待です。

画像

すぐ前の坂をくだると武家屋敷が。


画像


画像


画像


画像


画像


画像


タイムスリップします。

画像


庭に大きな椎の木があるのですが、時々椎の実が時々「ポトポトポト」と3粒落ちてきます。
風もないし、小動物がいるわけでもない・・・しばらく見上げていましたが・・・
本当に真っ黒クロスケがいても不思議ではない空間でした


画像


旧河原家と旧但馬家の間の坂で、木がうっそうと覆い、昼でもお暗かったです。
その名も、くらやみ坂。

画像


海隣寺。
千葉氏の菩提寺で歴代の供養塔がある。阿弥陀如来を本尊とする時宗の寺。相模国藤沢の無量光寺の末寺。

画像

そしてまたまた言わずとしれたミスターの母校、佐倉高校。

画像

茂雄青年が毎日この門をくぐっていたかと思うだけで感慨深いです。

画像

現代はどこの学校も固く門を閉ざして現役生徒以外は立ち入ることは難しいですが
ここには地域交流施設があるので、おそるおそるですが敷地内へ入らせていただきます。

施設に入るとすぐにガイドの方が寄ってきていろいろ説明をしてくれます。
とても嬉しそうです何分、他にお客さんいないもので。
立て板に水のごとく一生懸命説明いただきますが、佐倉の歴史の勉強してこなかったので
登場人物とかわかりませんでした・・・。

画像

やはり目玉はミスターコーナーです。

画像


画像


画像

施設を出て森をくぐると記念館があります。
旧佐倉藩主堀田正倫の寄付により明治43年(1910)に建築され、当初は本館として使用されていました。塔やドーム屋根を持つ明治期の木造洋風建築物として貴重です。国登録有形文化財です。梅ちゃん先生の
撮影でも使われた建物です。
堀北さんがここに立っていたと思うだけで感慨深いです。

うしろから一人のおじ様が大きなスーツケースをコロがしながら歩いてきました。

「あなた卒業生?」
「いえ、今日は観光で」
「あ、そう、ぼくね今沖縄にいるんだけれど40年ぶりに帰ってきたの」
「じゃ、この建物で授業うけてました?」
「そうそう」
「おおお」

しばらく昔話をききました
そのあと、おもむろに職員室に向かっていきました。

帰り際、父娘とすれちがった時は
「お父さんがいたときはこの額縁はあそこにあって~」
「へ~」
という会話もきこえ、昨今は世知辛い世の中になりましたが自分の母校くらいは
自由に立ち入ることが出来る日が来ることを祈らずにはいられません。

画像

グランドではミスターの後輩たちが頑張っていました。



画像

駅の反対側の八幡神社。
何時代のころ創建されたかについては詳らかでないが社殿前に現存する手洗は文政二年四月、常夜燈は文政八年に奉納されている点から考え合わせると百六十年以前の創建であることがわかります。麻賀多神社の台帳に記された記録によれば幕末のころは今の社殿より北方にあったといわれるから境内の中ほどにあったのかとも推定されます。

画像

最後の目的地、長嶋茂雄記念岩名球場に向かいます。

画像


画像

しかし遠い。道を間違えているのか心配になりますが聞く相手が誰も歩いていません。


画像

本当に心配になります。

画像



画像


ようやっとたどり着きました。
しかしどこにもありそうな普通の球場。。。やっぱり道を間違えたのでしょうか

裏側に回り込んでみると・・・

画像


画像


ふう  ありました。
でも、どうなんでしょう。
国民栄誉賞記念に球場に名前を付けたわけですが、本腰感が全く伝わってきません。
途中の道路に「 ← 長嶋茂雄記念球場 」と大きく案内看板を出すなり
グランド施設入り口でもアピールするなり、スタジアム自体にももっと装飾をしても
良かったのではないでしょうか。

ぶっちゃけ、失礼ながらもっと言うなら、このような地方球場ではなく、
やはりミスターと言えば後楽園球場。
残念ながら今はありませんので代わりに「東京ドーム」。

いっそのこと思い切って「長嶋茂雄ドーム」と命名しても反対する人はいないのではないでしょうか。

今日の野球人気があるのはミスターの存在なしには語れません。
ミスター銅像も作っても良いと思います。
観光スポットになること間違いなしです。


関係者の方、ぜひお願いします。


画像


画像


敷地内の資料コーナーではやはりミスターコーナーが。
球場のプレートの元になった直筆習字。
やはり左手でかいたのでしょうか。



ということで天気に恵まれた千葉旅行。
とても充実した2日間となりました



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • ぶらり佐倉

    Excerpt: 千葉に行ってきました。 Weblog: スポーツ&etc漫遊記 racked: 2014-11-29 23:08