ぶらり横浜市営地下鉄

あけましておめでとうございます。

年末クリスマスから正月三が日にかけて酒席がつづいてしまい
何となしに体重計に乗ってみたら・・・
3kg増加。。。

ウォーキングを兼ねて初詣することになりました。
今年は横浜市営地下鉄の沿線神社を廻ります。

画像


画像

上大岡駅を皮きりです。

画像

まずは鹿島神社。

画像


大木の緑に包まれた丘の上にあります。この神社が上大岡の鎮守様です。
神域に静寂の気が漂います。
創立年代はハッキリしないそうですが、建久2年の記載があるそうで800年の歴史があります。


ちなみに神社の真ん前の電柱と壁の間に白バイが隠れていました。
新年早々ノルマ達成作業お疲れさまです


そしてお参り終えて出てきたら、バンのおじさんが検挙されていました。
新年早々、しかも神社前で 泣くに泣けません 



画像

続いて岡村天満宮です。

画像

いきなりドでかいピカチュウがあんぐり口を開けています。
「あっピカチュー」 
来る子供来る子供全員の好奇心をわしづかみです。

画像


画像


鎌倉時代の建久年間に源頼朝の家臣が京都の北野天満宮の分霊をいただいて、この地に社を創建しました。名前は、「杉山天満宮」→「岡村天満宮」と名前が変わっています。境内には「撫でれば患部の苦痛が除かれる。」という石の牛像を始め筆塚、針塚などがあります。


画像

一番目立つのが「ゆず」の壁画。
2人ともここ岡村の出身だそうです。地元の英雄です。

画像

地下鉄弘明寺駅まで戻ってきました。

画像

とても人通りの多い弘明寺商店街があります。
この商店街の一番先に京急弘明寺駅があります。
乗り換えにはクッソ不便ですが、これだけ商店街が流行っているとその目論見は
成功の様です。

画像

弘明寺観音。
今から1300年近く前、元正天皇の養老5年にインドの善無畏(ぜんむい)三蔵法師が渡来、それから17年を経て聖武天皇の天平9年、天下に悪病流行の際、河内和泉の国の僧行基が勅命を奉じて、天下泰平祈願のため全国を巡錫(じゅんしゃく)し、当山の浄域に草庵を作り、一刀三礼(一刀刻む毎に三度礼拝する)の至誠を尽くして彫刻祈願されたのが、現在の御本尊十一面観世音菩薩様です。


画像


画像

身代わり地蔵。みんなナデナデするのでピッカピカです。

画像

地元の参拝客でにぎわっています。

画像

続いては阪東橋駅に立ち寄ります。
言わずと知れた歌丸師匠の地元です。

画像

横浜橋商店街。師匠がいつも徘徊・・(円楽師匠風)いえ散歩しているところです。
なんとなく下町っぽいです。

画像

中村八幡宮。
由緒書きには「創立年代は不詳であるが、口碑によれば醍醐天皇の御代、延喜年間 (約一千年前)には、既に此の地に奉祀され、八幡大明神と称したと伝へられる。」と書かれています。

画像


画像


三吉演芸場。この世界では知る人ぞ知る超有名な劇場なのです。ミュージカルでいえばブロードウェイのジョン・ゴールデン劇場、歌舞伎でいえば歌舞伎座、コンサート会場でいえば武道館に匹敵するほどだそうです。
一説によると一番古い演芸場だとか。

画像

もちろん地元の主、師匠も独演会を頻繁に開催しています。ってか写真わか!

画像

金刀比羅神社・大鷲神社。
安政6年6月2日横浜が開港するにあたり、港崎遊郭(みよざきくるわ:現在の横浜公園)の地に金刀比羅社を祀って守護神として商売繁盛を招来するよう、岩亀楼主・佐藤佐吉は讃岐の象頭山(四国琴平町)から金毘羅大権現を勧請して祭祀しました。
慶応2年10月20日の大火後、明治5年末30余軒が高島町へ移転し、金刀比羅社も同年高島町7丁目の海側にご鎮座、金刀比羅神社と改称、この時大鷲神社も祭祀し東京の浅草に倣って酉の市が行われるようになりました。
商店街のメッチャ細い路地を入るとこの神社に辿り着きます。
地元民でないと行けないです・・・

画像

続いて桜木町駅です。

画像

成田山横浜別院。
千葉県にある大本山成田山の別院で、寺号を延命院といいます。願い事が叶うと噂に高い徳川家の秘蔵仏、不動明王を祀っています。高台にある境内からは、野毛の町やMM地区を一望。弘法大師を祀る大師堂、稲荷堂や古仏があります。

画像




画像

今はお引越し中です。出雲、伊勢と遷宮が多い時期です。

画像


なにもなくなっていました。

画像

伊勢山皇太神宮。
明治3年、当時の神奈川県副知事の進言で、横浜の総鎮守として国費によって創建。御祭神が伊勢神宮の内宮と同じ天照大御神であることから、「関東のお伊勢さま」としても親しまれています。都会の中とは思えない緑豊かな境内からは、みなとみらい地区が見渡せます。

画像


画像

もう5日というのに、人人人・・・・。
今回の中でダントツでした。

画像

続いて新羽駅。

画像

杉山神社。
約八百年前の創建を伝え、当地が荷場(ニバ⇒ニッパ⇒新羽)の郷と呼ばれる水郷地帯であった頃より地域住民によって奉祀されているといいます。『新編武蔵風土記稿』によれば、当地の字を三谷、また八朔堂ともいうといい、御神体として菅神(菅原道真、天神)のような像を祀っており、それ以前は不動明王の石の立像を本地仏として祀っていたと書かれています。
伊勢山皇太神宮のあとなので参拝客の差がありますがこれもまたおつなものです。

画像


画像


画像

最後は終点あざみ野駅です。

画像


画像

新興住宅街の中にいきなり建っています。
鳥居をくぐるとほぼ四角い境内に、樹木に囲まれて木造社があります。説明板によると一人立ち三頭獅子舞の牛込獅子舞が、悪疫払いのため奉納されるとのことです。



ということで初詣の旅も終了しました。
6時間の長旅となりました。
たいてい駅から遠く、たいてい高台にあるため・・・・最後は膝とくるぶしがやられてしましました。

穏やかな天気に恵まれたので、とちゅうは汗ばむほどで上着が邪魔に。
しかし最後は陽が沈み、凍えるほどに。


それでもこれだけお参りできましたので、とても清々しい新年となりました



画像






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

面白い 面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック