群馬旅行 その2

2日目~

画像


朝食バイキング

画像

駅前から周遊巡回バス「ぐるりん」に乗り込みます。

画像

くるりんぱ!


画像

観音山の頂上まできました。
いい眺めです。

画像

見えてきました。

画像

参道を通り

画像

どおおおおおん ! 大迫力。
出ました白衣大観音。
高さは41.8メートル、重さは6,000トンのコンクリート作りで、胎内を肩まで登ることができます。1936(昭和11年)年に建立されてから高崎のシンボルとして愛され、その慈悲深い優しいまなざしはまるで平和を見守っているかのようです。


画像


画像


胎内から出て観音様の裏には六角堂。

画像




画像


画像


慈眼院。寛喜年間(1229~32)鎌倉幕府二代執権の北条義時の三男、重時の創建で、高野山真言宗内にあり学問寺でした。
 また、本尊の聖観世音は鎌倉由比ヶ浜の海中より漁師によって出現した尊像と伝えられ、昭和十五年、慈眼院は高野山真言宗よりここ観音山へ移建し、 昭和六十二年新本堂千躰観音堂が落慶しました。



画像


画像


洞窟観音。故山田徳蔵翁によって大正8年着工され、昭和39年、88才の生涯を閉じる迄の50年間たゆ
むことなく工事が進められ完成をみたものです。
洞窟内の坑道は、長さ400メートルをこえ、幾多の巨石銘石を配した洞窟内の大
小空間は翁の構想により、彼岸の楽土をイメージし、深山幽谷を写し、大瀑
布、渓流になぞらえ、それぞれを背景に石彫の名工、楽山が生涯かけて彫刻し
た御影石の観音像39体が他の石彫群と共に安置され神秘的な法悦の世界を繰り
ひろげています。


画像


画像

ていうか、帰宅して公式HPを覗いたら「洞内、安全対策工事のためしばらく休園します」と。
えええ
知らずに呑気に歩いてました。 こわあああ!

画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


いったん「ぐるりん」で高崎駅へもどります。
ゆるキャラが綿菓子を作っていました。

画像

ふたたび「ぐるりん」で少林山達磨寺へ。


江戸時代の初めごろ、大洪水の後に流れついた香気を放つ古木を、とある行者が一刀三礼、達磨大師の座禅像を彫り、草ぶきの小さなお堂に祀りました。この達磨座像のうわさはたちまち周辺に知れ渡り「達磨大師出現の地」として知られるようになりました。霊地「少林山達磨寺」は、その後、自力本願を修行法とする禅宗の寺として中国の心越禅師によって開山されました。
236段の石段を上りつめると、「北辰鎮宅霊符尊」を祀った本堂が北向きに建っています。本尊は、北斗七星を神格化したもの。家相方位を司り、厄除けの神として古くから信仰を集め、多くの人が訪れます。

画像


画像

石段が大変美しいです。
画像

自由に鐘を突くことができます。
生まれて初めて突かせていただきました。
振動により体中が清められる感じです。

画像


画像

凄い達磨の数です。
次々と家から達磨を持ってきます。
本当に達磨が浸透しているようです。

画像

裏の敷地にはさらに山積みに。
お焚き上げにされるのでしょうか。

画像

達磨堂。
世界中の達磨が展示されています。

画像

これが有名な達磨。
残念ながら焼失したため二代目です。

画像

さすが地元!

画像

裏山に登ってみました。


景色最高。



画像

まるで富士山の様でした。

画像

酒井○子さんで有名になった・・

画像

高崎城址公園。
箕輪城に封ぜられた井伊直政が家康の命で、慶長3年に中山道なかせんどうと三国街道の分岐点にあたる高崎に城を構えたのが高崎藩のおこりです。
直政は箕輪から町屋まちやや寺院を移転させて城下町の基礎を築きました。
今は三の丸を囲む土塁と堀がのこるのみですが、本丸、二の丸、三の丸を囲郭かこいくるわ式に構え、二の丸を本城とし、三の丸に武家屋敷をおきました。

画像

この日は特に寒かったです。

画像

城跡にはいろんな建造物が。
駅前の広大な敷地。
高崎城を「復元してほしいところです。
多くの運動もおこっているようですが。



画像

巨大な高崎市役所。21階建て。

画像

バブリーな展望台 豪華。

画像


画像


画像







画像


では高崎駅から新幹線MAXで群馬をあとにします。

旅立つ前に高経卒の女の子にお勧めをきいたら
「高崎行くんですか?なにもないですよ。見るところも食べるところも。
 駅の周りだけ少し都会になってきたでけです」
との残念な発言が。

とても楽しめたのですが、製糸工場とか、観音とか達磨とか、
確かに学生にとっちゃ、何の興味もないかもしれません

彼女も年を重ねる毎に良さがわかるでしょう。

期待して行かなかった分、とっても有意義な旅になりました。
世界遺産申請もしているようですし。
地元の人は
「この間、ユネスコの人が来て、すごく喜んでいた」
と得意げでした。

ただ、あの富士山でさえ苦労して苦労してやっとこさ登録されました。
あの鎌倉でさえ、あっさり落選・・

道のりは厳しいかもしれませんが、がんばれ群馬!





帰りは二階の指定席は空いておらず一階席へ。
おおお、 プラットホームの真横の目線。新鮮です

ところが、そのあとは目線が低いため、ずっと壁だけで景色は一切見えませんでした。
「景色も旅の楽しみ」
が身上なので、がっかりでした・・・。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック