2014 ドラフト会議

2014年10月23日 プロ野球ドラフト会議が開催されます。

画像

阪神タイガース、昨年2013年ドラフトでは大阪桐蔭森友哉選手指名をみおくり西武が一本釣り。


その後、案の定歴史的な活躍。



この驚異のバットコントロール、バットスイング  10年に一人の逸材であることは間違いありません。。
美しすぎるバッティングフォームには惚れ惚れします
そして阪神とは相思相愛の間柄。
ドラフト前も森選手は阪神へのラブコールを連呼。タイガースのバッグも抱えていました。
当然、誰もが縦縞の森選手を想像していました。
江夏田淵以来となる、藤浪投手との黄金バッテリーを想像していました。
なぜ指名しなかったのか。。。


画像


久保投手、スタンリッジの退団が決定的だったため大学右腕No.1大瀬良投手へ急きょ方向転換。
そして大瀬良投手は1年目から二桁勝利で新人王確定的。
もちろんその実力は間違いなかったわけですがアピールインパクトとしてはやはり森選手でしょう。


今までどれだけ競合をこわがり、入団拒否をこわがり、つまらない安定路線への切り替えをみてきたことか。

やはりドラフトには夢・ロマンがあってほしいですね。

どうせまたFAで他球団のエース・四番、また元メジャーリーガーをごっそりかき集めて主力級は
確保できるのですから、ドラフトでは夢・ロマンを追い求めてほしいものです。



今年一位候補と言われているのは早稲田有原投手。
さすがにまとまっていますが・・夢があるかといえば。



さて、阪神のドラフト選手に望むのは以下をあげたい。

①甲子園大会で活躍した高校生。
②地元関西出身選手  できれば兵庫、大阪。
③例え大成しなくてもマスコミを盛り上げることが出来る選手。


ならば今年では



安楽投手。
甲子園の申し子です。藤浪投手とのツインタワーは球界を盛り上げるでしょう。


岡本選手。
地元の逸材スラッガー。右打者に有利な甲子園での活躍が目に浮かびます。



そして、京都大学の田中投手。京大初のプロ選手へ。
すでに将来は約束されているのにそれを捨ててまで野球を選ぶ情熱。買ってあげたいです。
私が親なら渾身の思いで説得しますが、この親は「わかった地獄を見て来い」と。
超インテリなんですけどこんな親子野球バカがいてもいいのではないでしょうか。


このような指名がみられれば1年間、毎日スポーツ新聞をみるのがたまらないでしょう。


http://1985443116.at.webry.info/201402/article_8.html
春先の森選手。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • センスとチーム事情

    Excerpt: 上本 博紀選手 28歳 173 cm 63 kg Weblog: スポーツ&etc漫遊記 Part2 racked: 2015-06-07 10:05
  • 2016 ドラフト会議

    Excerpt: http://57129647.at.webry.info/201510/article_8.html Weblog: スポーツ漫遊記Part3 racked: 2016-10-18 22:22