大阪旅行 1日目 その2

続きです。



画像

お待ちかね新世界
大阪府大阪市浪速区恵美須東に位置する繁華街。中央やや北寄りに通天閣が建ち、南東部にジャンジャン横丁があります。戦前から庶民的な繁華街として親しまれてきた新世界だが、大手私鉄のターミナル駅に恵まれなかったことや観光の多様化などに伴い、前述のとおり、1970年代以降は長期にわたって低迷が続いていました。しかし、1990年代あたりから「昭和の名残」を感じさせるレトロな街の雰囲気が「戦後」を知らない世代などに再評価され、新たな観光地として変貌を遂げつつあります。



BGMにお借りします。大阪と言ったらやっぱりストラット。

画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


ビリケンさん ビリケンさん &ビリケンさん

どこもかしこもビリケンさん。もう夢に出て来そうです

画像


画像

でました、大阪のシンボルタワー、通天閣。
明治45年(1912)、新世界のシンボルとして、凱旋門をモチーフとするビルディングの上にエッフェル塔風の鉄塔が建てられました。高さ64mという当時東洋一の高さを誇ったこの鉄塔は、「天に通じる高い建物」との意味で、明治初期の儒学者・藤沢南岳により「通天閣」と命名されました。その後、火災に遭って解体されたが、昭和31年(1956)市民の要請を受けて再建され、現在に至る。2代目の通天閣は103m、初代より39m高い。5階には大阪を一望できる展望台や、足の裏をなでると幸運が訪れるという神・ビリケン像などがあり、年間70万人が訪れています。

ワクワク。ではでは展望台へ。

・・・また行列。1時間待ちだとか。 ったく大阪、人多杉内。どこいっても行列しかないやん

画像

あきらめて たこ焼き食べたる。

って、ここもまた行列が。15分並びましたよ。
てか、女の子1人で焼いてレジやって列の整理まで・・・コスパよ杉内。

画像


画像

やっと手に入れました。エヘヘ。
ガブ! ・・・ あっっつーーーー
口の中の皮が一気にやられました
外はカリッ 中はトローリが売りなんだそうで。知らなかった・・・。でもうまい
さすが本場。

画像


画像

キン肉マンショップ。
キン肉マンの作家「ゆでたまご」の嶋田さんと中井さんは共に大阪出身で、特に中井さんは浪速区出身で新世界は青春時代を過ごした思い出の地だからだとか。



画像

腹ごなしにテクテク歩いて難波駅へ。

画像


画像


人 人 人 だから、、、大阪 人多杉内。

画像

有名な道頓堀、戎橋。
グリコの看板が綾瀬はるかさんになっていました。凄い。

画像

パフォーマンスをやってましたが誰かわかりません・・。

画像

来ました~ 食・い・だ・お・れ~


画像

画像

もう居並ぶ3D看板がすんごいことに。もう大阪、ハデ杉内。

画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像

その昔、阪神ファンが飛び込みました。
今後、ここをプールにする企画も

画像

大阪の発想・・・

画像

なんばグランド花月。
今回のメインイベントです。
よしもとクリエイティブ・エージェンシーが運営するお笑い・喜劇専門の劇場。略称NGK(エヌジーケー)。キャッチコピーは「笑いの殿堂」。座席数は全席指定の約900席で、お笑い・喜劇専門の劇場としては最大級の収容人数を誇ります。全席自由席のころは立ち見を含め客を極限まで詰め込むことができたため、「こんなにようさん入ってんのに、窓口では『まだ入れます~』言うてますねん。吉本はホンマすごいですわ」などとトミーズの漫才のつかみにもなっていました。
事前にチケット購入しようか数日前からネットチェックをしていましたが凄い売れ行き。
日に日に残り席が少なくなり2日前に思わず購入クリックをせずにいられませんでした。
前日にサイトを覗いたら「完売」。
でも当日、チケット売り場では「完売(4700円)やけど、立ち見なら(3000円)まだあるで、とのこと。
トミーズの言うとおりでした

待望の劇場内にはいると、、想定してたよりステージは小さかったです。でも観客席は超満員。
なのでとても一体感があります。

幼いころは「大阪の笑いは別物」という風潮でしたが、今では新喜劇もローカル局ではありますが毎週放映。
まだ出演者の名前は全員把握できていませんが、お約束の笑いに嵌りかけています





おもろかったですーーー

大阪満喫~~

画像

思い切り笑っておなかがすいたので食事はアニキプロデュースのお店へ。

画像


画像

もちろん鉄人サワーもいただきました

画像

本場の串焼きはお初です。思ったよりカラッとあがっています。

画像

噂の「二度づけ禁止やで」
酔ってくると、つい二度づけしそうに・・あぶないあぶない。どつかれてまう

画像

おいしゅうございました


画像

腹も膨れ法善寺横丁をぶらり。
織田作之助の小説「夫婦善哉」でも有名な石畳の路地の両側には、小料理屋、バーなどがひしめきあって軒を並べます。横丁の入り口に架かる看板の文字は西が藤山寛美さん、東は3代目桂春団治さんのものです。道頓堀と並んで、数々の歌にも登場する、ミナミのシンボルとも言える法善寺横丁は、浪花情緒あふれる一角です。

画像


画像


画像


画像

お世話になったルーホテ。  B


満足のまま初日終了。 ええでええで大阪

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック