ぶらり登戸

登戸に行ってきました。

天気予報は雨でしたが台風の影響かカラッと晴れあがりました

もったいないのでぶらり出かけました。




画像




画像

登戸駅。
JR東日本の南武線と、小田急電鉄の小田原線の2路線が乗り入れ、接続駅となっています。


画像

二ヶ領せせらぎ館。
二ヶ領宿河原堰管理所の一画にあり、水防活動資材を備蓄しています。平常時はその一部を防災、環境、歴史、文化に関する学習などの、情報発信拠点として活用されています。

画像


画像


画像

生田緑地
川崎市内最大の緑地です。敷地内及び周辺には日本民家園、伝統工芸館、岡本太郎美術館、ばら苑、藤子・F・不二雄ミュージアムなどがあり、訪れたい場所がたくさんあります!中でも2012年に新しくなったのがかわさき宙(そら)と緑の科学館、東口ビジターセンター・西口サテライト、中央広場。大きな噴水があることで有名だった中央広場が芝生広場としてリニューアル。広々としてのびのび遊べる空間へと大変身しました。

画像


画像


画像


画像

岡本太郎美術館
川崎生まれの芸術家・岡本太郎の芸術、およびその両親である漫画家・一平、小説家・かの子の芸術を顕彰する美術館です。美術の枠を超えて活動した精神を紹介しています。

画像


画像


画像

枡形山広場展望台。
標高84mの枡形山は生田緑地で一番高い場所です。鎌倉時代の源頼朝の侍大将であった稲毛三郎重成が城を構えたと伝えられています。広場には遊具や自動販売機、トイレ(多目的トイレ)があります。春にはサクラが咲き誇り、お花見客で賑わいます。展望台からは東京都心や多摩川など360度のパノラマが楽しめます。

画像


画像


画像


画像

横浜、東京、富士山と最高のビューポイントです。

画像


画像


画像


画像


画像

戸隠不動尊跡。
この地には、信州戸隠神社より招来した不動明王をまつる戸隠不動堂ありました。
焼失しましたがぜひ再建してほしいものです。


画像



戸隠神社と言えば
http://1985443116.at.webry.info/201212/article_8.html
うーん 懐かしい。


画像


画像


藤子・F・不二雄の妻・藤本正子、株式会社藤子・F・不二雄プロ、川崎市の三者で協議し、1961年から藤子・F・不二雄が死去する1996年までの35年にわたって暮らした川崎市内に博物館の設置を決定した。きっかけは、平成11年2月に藤本正子から川崎市へ、『ドラえもん』をはじめとする漫画原画約5万点を広く市民へ展示公開したいとの申し入れがあり、それを受けて、川崎市と藤子プロが中心となり検討を開始した。人物博物館の多くがその人物の故郷に建てられる中で、故郷ではなく成年期の大半~晩年を過ごした土地に建てられたました。

日本でのアミューズメントパークといえばディズニーとユニバーサルスタジオの両巨頭となっていますが
わが国には手塚治虫先生と藤子・F・不二雄の巨匠がいます。記念館だけでなく広大なアミューズメント
パーク化してほしいものです。

http://1985443116.at.webry.info/201207/article_6.html

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック