はやぶさ2 打ち上げ成功

日本科学未来館へ行ってきました。


惑星探査機はやぶさ2のパブリックビューイングです。

http://1985443116.at.webry.info/201101/article_9.html

http://1985443116.at.webry.info/201207/article_11.html

http://1985443116.at.webry.info/201010/article_7.html

「はやぶさ1」ではすっかり宇宙の魅力にとりつかれてしまいました。



今見ても泣けてきます


はやぶさ2は、世界で初めて小惑星の微粒子を持ち帰った「はやぶさ1」の後継機。開発期間は約2年半、打ち上げ費も含む総開発費は約290億円です。トラブル続きだった初号機の問題点を改良し、地球と火星の間にある小惑星「1999JU3」から内部の物質を採取、持ち帰ることを目指します。


画像




当初の打ち上げ予定日は11月30日(日)
残念ながら当日は予定があり断念
しかし帰宅してみるとニュースでは「打ち上げ延期、12月1日となります」
そして1日、仕事の合間ネットで確認すると「12月3日に延期です」

あらら、今回は早くも打ち上げ時から困難の連続か

ん? 明日?  手帳をパラパラ
仕事休めんじゃね???

22時まで残業してとりあえず片づけた体に。
翌日は早朝から方々に咳き込みながら「がぜをびぎました・・・」電話とメール。

おおお 休めましたあああ

ではパブリックビューイングで臨場感を味わいに


画像

大型バスがいっぱい、ハトバスも来ていました。

小学校の団体も多く来訪してました。こういう機会は絶対体験させたほうがいいです。


画像


画像


画像



さあいよいよ打ち上げです






おめでとう









ところで惑星1999ju3はまだどんな形かも確認できておらず色も黒色なのでは?という状況。
もし生物がいたらどうなるのでしょう。
いきなり未確認飛行物体が飛んできて1年自分たちの周りをグルグル。
そしておもむろにビームを発射。 その後着陸してくる。
まるでSF映画の世界で恐怖に包まれてしまうのでは、、というのは余計な心配でしょうか


過酷な旅になろうけど気をつけて!
また感動をもって帰ってきてください



画像











画像


画像


画像






この記事へのコメント

この記事へのトラックバック