初詣

遅まきながら初詣にいってきました。


画像

まずは鉄砲洲稲荷神社。

江戸湊の入口に鎮座する神社として、地域の人々の信仰を集めてきました。
神社は、寛永元年頃、稲荷橋南東橋詰に遷りましたが、明治元年現在地 に移転し、今日に至っています。
関東大震災により被害をうけた境内は昭和10年より復興、整備され、正面中央奥に 社殿、左手に神楽殿と摂社八幡宮、右手に社務所と手水舎が向かい合うように配置され、境内南西 隅に神輿庫が設けられています。

そして今日は1年の無病息災を願う寒中みそぎがありました。今年で記念の60回目。準備運動を終えた参加者約100人は、ふんどし姿や白装束姿で氷柱二つが浮かぶ特設の水槽(直径5メートル)に入ると、手を合わせて「祓戸大神(はらえどのおおかみ)」と、唱え続けて行を続けます。


ちなみに今日の気温は12度で風もまったくありません。気楽な見物人としては寒風吹きすさぶ中で震えながら
水につかる様子をみたかったです
見物人ゾーンは混雑で押しくらまんじゅう。汗もかきそうです。


まずは街中にマラソンにでかけます。越中ふんどしで街中走っても法には触れないのでしょうか?




皆の掛け声は迫力があります。




ついに入水。やっぱり寒そう・・

画像

押すなよ押すなよ、絶対押すなよ!とダチョウ師匠ネタをみんな言ってみたかったと思いますが
神聖な場所なのでそれもできません


多くの外国人も見物に来ていました。なんて野蛮な国なんだ、と思ったりするのでしょうか。でも伝統は守っていきたいものです。



画像

隣は隅田川。



川沿いに散歩して銀座方面へ。

画像

今日は歩行者天国。夜の銀座の喧騒景色を考えるとウソのようです。


画像

新装なった歌舞伎座。

画像

歌舞伎座目の前には岩手県プラザ。


画像

あまちゃんで有名になった「まめぶ汁」と「うに丼」購入。まいうー。購入で復興支援。

画像


画像

さらに進んで築地市場。年明けだいぶ経つのに混雑しています。

画像

築地と言えば寿司。まいう~。


画像

続いて川崎大師。こちらも大混雑。

画像


画像


画像

さらにすぐお隣の金山神社へ。
若宮八幡宮の境内社で、本殿の左に鎮座する。
「イザナミの神が火の神カグズチをお産みになり、下半身に大火傷を負った時、この神が看病したとの伝説によりお産、下半身の病気の守護神と言われ」るとの解説もあります。御神体は金属製の男根であることから、「かなまら様」(金魔羅様)とも呼ばれている。この両神は鉱山や鍛冶の神であると共に性の神でもあるため、子授け・夫婦和合・性病快癒を願う人々からの信仰を集め、特に子孫繁栄・夫婦和合・性病快癒・安産・下半身の傷病治癒などに霊験があるとされています。

画像


画像

こんなオブジェが堂々と。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック