県史跡稲荷前古墳群

稲荷山古墳へ行ってきました。

画像

青葉インターを降りるとすぐです。


画像


横浜市青葉区の南端部にある県指定史跡です。四世紀から六世紀にかけて都筑の地を治めた首長の墓であろうといいます。南に鶴見川を見下ろす丘に、三基の古墳が保存されています。
稲荷前古墳群は昭和42年、付近の住宅造成中に発見されたものです。南北に連なる尾根に、前方後円墳、前方後方墳、方墳、円墳など、10基の古墳と、9基の横穴墓が発見され、当時は「古墳の博物館」とも呼ばれたといいます。今はほとんど住宅街になってしまっています。もったいない。

画像


画像


画像


画像



画像


画像




新羽浅間神社遺跡。
港北インターを降りるとすぐです。
弥生時代の墓制のうち、土器を棺として用い、人骨等は確認されていませんが、遺構の形態や土器の出土状況などから土器棺墓発掘されています。土器は弥生時代前期~中期のものが出土しています。
今は残念ながら高速道路工事が始まってしまいました。


画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック