大山

大山に行ってきました。

画像


いつも新幹線や東名高速道路から「大山かあ」と眺めていて気になっていました。
ようやく訪問することができました。

画像

伊勢原駅をおります。

画像

バスに乗り換えて30分。

画像

大山にとうちゃーく。

神奈川県伊勢原市・秦野市・厚木市境にある標高1,252mの山です。丹沢山などの丹沢の山々とともに丹沢大山国定公園に属し、神奈川県有数の観光地のひとつです。富士山のような三角形の美しい山容から、古くから庶民の山岳信仰の対象とされていました。宝暦年間(1751年 - 1764年)から行われた信仰による登山は大山講と呼ばれ、各地から通じる道は「大山道」と呼ばれました。江戸の庶民にとっては、大山詣と江ノ島詣のセットが娯楽の一つでした。

画像

こま参道をぬけ

画像

大山ケーブル

画像


画像


画像


画像

大山寺。
奈良東大寺の別当良弁僧正が天平勝宝7年創建、聖武天皇より勅願寺の宣旨を賜ったといいます。華厳・真言・天台宗の修験道場として僧坊十八ヶ院、末寺三、御師三百坊を擁し、また大衆からも大山不動参りとして数多の崇敬を集めたといいますが、明治維新の神仏分離により、現在大山阿夫利神社下社のある地より、当地に移転して再建したといいます。
高幡山金剛寺、成田山新勝寺と共にしばしば「関東の三大不動」に数えられ、江戸期には江戸近郊の観光地として賑わいました。

三大○○。 大好物です

http://1985443116.at.webry.info/201312/article_6.html

http://1985443116.at.webry.info/201310/article_3.html


ということで関東の三大不動、踏破~

画像


画像


画像

もうちょっと丁寧に看板つくったほうが・・
画像






大山寺で祈祷受付をやっていますが住職の胸元にマイクがありスピーカーを通じて山中にコダマします。
しかし内容は、住所(番地まで)・氏名・生年月日・年齢すべて読み上げ山中に個人情報が響き渡ります。

祈祷内容が、恋愛成就だったり、子授け成就だったり(42歳 切実)、商売繁盛(72歳 まだ?)だったり
するので結構恥ずかしいのでは?? 

画像


さらにケーブルーで終点まで。

画像


画像

大山阿夫利神社。
相模の大山にある関東総鎮護の神社。
大山の中腹に下社・二重社、山頂に本社・前社・奥社、が鎮座しています。
大山は、雨が多いので雨降山(阿夫利山)といわれ、古代から雨乞いの霊山でした。

画像


画像

関東平野と相模湾の絶景。

画像


画像


画像

君が代のあるさざれ石もあります。

画像


画像


画像

雨乞いの山だけあり至る所に川が流れています。

画像

名水と精進料理の名物豆腐料理。
あんかけ、胡麻和え、冷奴の三品で1620円也。なかなか


画像


画像

茶湯寺
義範が開山となり創建、弘誉(寛永9年1632年卒)が中興したといい、雨降山大山寺住僧や八大坊の菩提寺であったといいます。かつて近隣では葬儀百日目に、当寺で茶湯を授かる習慣があったことから大山の茶湯寺と称されていたといいます。


画像

ふもとまで降りて伊勢原大神宮。

画像

創建は、江戸時代初期の元和年間のことであると伝えられています。
元和六年伊勢の国の人・山田曾右衛門と鎌倉の人・湯浅清左衛門は、大山参詣の途中、千手原という松原に一夜の宿を求めたところ、水音を聞いて開墾可能であることを悟り、当時このあたりを支配していた中原代官成瀬五左衛門の許可を得て、開墾に着手したのです。そこにだんだんと粕屋あたりより人が集まり現在の伊勢原市街の基礎が形成されました。曾右衛門は、この新しい開拓地の鎮守として、故郷である伊勢の神宮の神様を勧請し、奉祭することにいたしました。こうして創建された当神社の御祭神に由来して当地は伊勢原と呼ばれるようになりました。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック