おかげさまで宝くじ3億円が当たりました!!  その1

年末ジャンボ宝くじをを買い込み今回もほんのひとときの大金持ち生活者への妄想タイム。
庶民の悲しいほんの現実逃避のストレス解消方法です

ただそれもあっという間に現実にたたき戻されてしまうのですが。

さてと、大みそかまで大切に保管と。
風水を信じて「黄色い紙に包んで」「西側の」たんすの引き出しに保管と。
よろしくお願いします、と保管と。



???


すでに引き出しに先客の宝くじが・・。


ああ、春に買っていたグリーンジャンボがこんなところに紛れ残っていました。
宝くじって抽選まで時間があくため買った時のテンションがすっかりどっかいっちゃうことがあります。


どれどれ結構ドラマなんかではこういうシチュエーションのほうが当たったりしちゃうんですよね。


ぺりっと袋をやぶいて


パラパラとめくって


画像


えっと~ まずは1等 三億円から見ていくか(鼻歌まじり)


187の・・・

おろ

4.・・

おやおや

7・・


げげ まさか




画像




「2!」





キターーーーーーーーーーーーーーーーーー!
          


バタ・・・ しばらく意識を失いました。



さ、さ、三億円かああ。ついに当たってしまったあ。本当に当たるもんなんだあ。

えっと、まずは仕事やめよ。うんもう明日から行かない。
老後は鎌倉に移住することを決めていたけど・・・
とりあえず沖縄に引っ越そう。沖縄タイムを存分にまったり堪能しよ。
いや待てよ。まずは都心高層億ションに住んでガウン羽織って毎日富士山を眺めながら
ゆっくり暮らすことから始めよう。うんうん。
それでも二億円のこるからなあ。
うーん、それから何をしようか、何もしなくても暮らしていけるんよねえ。うんうん。
三億円って使い切れないやん、もう

あああああああ ついに幸運の順番が回ってきましたあ

・・・・て、夢を見ました。



なんて夢落ちのドラマも多いですが、そんなん許されへんで。宝くじの紙で顔をペチペチ。
宝くじは現実にあります。よしよし夢じゃないんだ。

まずは落ち着いて家の中を散歩

深呼吸、深呼吸、餅つけ、、、いや落ち着け落ち着け。


足の震えがとまりません。


とりあえずもう一回番号見ておくか。

え~と 回数は655 OK!

番号は 1・8・7・4・7・2  OK!

うし!


・・・・組?  組番?


ぬおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお


組が違うてるうううううううううううううううううううううううううううう


画像




・・・・・ふたたびしばらく意識を失いました。







さ、さんおくえんが・・ 俺のさんおくえんがあああ・・・


ほ、ほんで組が違うとどうなるんや・・・


一等の組違いか、これだ。 ん~1000万?  ちゃう 0が足らんど・・・

じゅ、10万!      

さっきまで三億円だったのに、一瞬にしてそれが10万円・・・・


いやほんとに天井と壁の色がバラ色に見えていたのに今はグレーに見えます。


普通10万円当選するなんて極上のラッキーなのにこんな当選の仕方は酷過ぎだ。

ぜ・・・・・・・・んぜん嬉しくない!


組番違っても番号同じなら1000万円くらいくれてもええやんかあ!



ショックから立ち直れずその日は半泣きでずっと床にうつ伏してました。


なにもする気せーへん





その2へ続く。







この記事へのコメント

この記事へのトラックバック