ぎょうざ漫遊記 その44

浜松 五味八珍 浜松ぎょうざ。おすすめマップに掲載があるだけあり安定した味です。 メニューに「あげ餃子」が・・。 店の女の子に「これおすすめ?」と訊くと正直に首を捻られるw ためしに注文してみるとなかなかでした。ただメンチかな。
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

静岡食べ歩き漫遊記

7泊8日のスケで静岡を旅して来ました。 基本とにかく食いつくそう、を理念に行動してきました。 タクシーの運転手さんに「静岡らしい食べ物屋さんで」と お願いすると、ほとんどが「そんなら鰻」と正直鰻尽くしになってしまいました・・・ 貴船神社 掛塚祭りがありました。大きな山車は毎回組み立てるそ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ぎょうざ漫遊記 その41

新宿 チャオチャオ 280円 しょう油、みそダレと味わけの工夫がされているのと専門店だけあり ぎょうざの種類が豊富。 食感がパリパリとしていながら中身はふわっとしていてよい。 まいうー。 余談ですが壁にはなぜか所狭しとAKBの写真あり。店長さんの趣味なのでしょうか。 一瞬アキバかと・・。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ぎょうざ漫遊記 その40

新宿 昌平 300円 キリ番40 そつない味。自分好みの味です。いくらでも入りそうだ。 まいうー。 余談ですが以前キムタクのラーメン屋のドラマで使用されていた店です。 またベンチャーズが来日した時にはおしのびで必ずよる店です。 ただ壁には色紙とかなく味で勝負の硬派な思い。 そんなとこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ぎょうざ漫遊記 その38

金沢文庫 佐野金 420円 外観、暖簾、天井、壁、床、テーブル全て油でコテコテの体。 よく言えば年期が入っていてノスタルジック。 悪く言えば・・。 カウンターはすっかり反っていて真ん中が落ちている。 あやうく座ったら大変なことに。 味と言えば焼き餃子なのですが茹でた感じ。 小生は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ぎょうざ漫遊記 その37

新橋 四季ボウ坊 350円 オアシズの大久保さん似ということでテレビで何度も取り上げられている店です。 入り口に大久保さんの写真をガッツリ掲げていますが事務所の許可はとって いるのでしょうかw 肉が多めでありながら野菜の甘みが染み出でて、それでいてかりっと焼き上がり。 まいうー。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ビーチバレー川崎市長杯

川崎に行ってきました。 ビーチバレーの集客が思わしくなく、ついに連盟が重い腰をあげ 「携帯限定」の撮影認に踏み出しました。 それだけで集客回復できるかい! ってことですが行ってきましたw 季節はどっぷり秋ですが選手は相変わらずビキニでした・・・ 隣のおばさん情報によると今日は気温が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花火大会

多摩川花火大会に行ってきました。 震災による自粛で延期されていましたがようやく開催されました。 さすがにこの時季の夜は寒いw みな上着をきながらの見物でしたが中には意地をみせ浴衣の娘も。 しかしさすがに後半はダウンを羽織ってましたw 花火には本来、鎮魂の意味もあるとか。 送り盆の時に打…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Jr 関東学院大學 VS 早稲田大學   前半

釜利谷グランドに行ってきました。 ここで関東と早稲田となると、かつて清宮氏が不意に訪れ 「春さん、試合をしましょう」 と伝統校のプライドをかなぐり捨てた名場面を思い出します。 そこから早関時代が始まったのですが・・・ 今や時代は流れました。 しかし今日はタックルが激しい熱戦が繰り広げられました。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中央大學 VS 拓殖大學

秩父宮競技場に行ってきました。 台風が過ぎだいぶ秋らしい爽やかな風が心地よかったです。 ただプレーヤーにとってはまだまだ暑いコンディションでしょうか。 シーズンはじめなのでカーペットのような芝が見ていてたまりません。 シーズン最後までこのような環境でラグビーをさせてあげたいですね。 なにせ「聖地」と呼ばれて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

明治大學 VS  筑波大學

秩父宮競技場に行ってきました。 残暑の中でのプレー、両チームお疲れ様でした。 昔はラグビー観戦と言えばコートを着込み寄り添いながらコーヒーを すすっていましたが、昨日はビールガンガン、上半身裸の兵もいましたW 日本は完全に亜熱帯の気候になってしまいました・・・。 さて、緒戦から対抗戦の天王山。手に汗握るゲーム展…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

十五夜

今日は十五夜。 6年ぶりの満月だそうで。 ほほを撫でる秋風。 奏でる虫の声。 流れる雲。 なんと風情のあることでしょう。 日本に生まれてよかった~~(織田師匠風 花火の時は近所のここあそこで歓声があがります。 しかし今宵はどこも灯かりが消されていて静寂が。 みんな電気を消して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヤクルト VS 阪神

神宮球場に行ってきました。 やはり夏場は屋外球場にかぎります。星空の元きれいな売り子さんからついでもらう 生ビール、最高です。 ただ、節電のためにカクテル光線がすこし停滞気味。 ナイターはまばゆいくらいの明るさがたまらないのですが。 スタンドが少し暗かったですが・・・しょうがないですね。 平野さんのおとぼけ四球ね…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

関東学院大学VS同志社大学 その1

釜利谷グランドに行ってきました。 台風12号の影響で開催が危ぶまれましたが絶好のラグビー日和となりました。 キックオフの時間がいつもより遅いのでバスではなく歩いてグランドへ向かいました。 夏の終わりのセミ時雨、釜利谷颪が大変心地よく爽やかな気分とともに釜利谷に 到着です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

焼津

焼津にいってきました。 港町に行ったら「魚」を喰らう。 喰らえ 喰らおう 日本一大きな千手観音像だそうです。 夜の港 そして 荒祭…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒロシマ

今年もヒロシマに行ってきました。 うす曇でしたがやはり暑い。 今年は東日本大震災があったため例年と雰囲気が違っていました。 放射能つながりで話がかなり拡がっていました。 被爆者の方は東日本は遠くテレビの中の世界でしかないかも、と 仰ってましたし、関東から訪問している方はどうしても原発事故…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

七夕祭

平塚へ行ってきました。 震災自粛で開催がギリギリまで決定しませんでしたが 節電、日程短縮を条件になんとか開催にこぎつけました。 のきなみ花火大会や夏祭りが自粛されていますが被災地の方は そのようなことは望んでいるのでしょうか。 みんな出かけて義援金を集める。 エアコン、テレビ、パソコンの電源を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

がんばろう茨城 その2

2度目の被災地入りをしてきました。 前回が茨城でしたので今回は他県を希望しましたが「要領を得ているから」と 同じ茨城に派遣となりました。 仰るとおり、人、地域と少なからず経験が生き、自画自賛ながら前回より 2割増し位の成果が出たように思う。 街並みも少しずつではあるが前回より復興の兆しが見えた。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

関東学院 VS 中央 & 専修

釜利谷グランドに行ってきました。 何度も言いますが・・w とんびが舞い、ひばりが歌い、リスが走り回る。 そして整備された天然芝。 本当にいつ見ても素晴らしいラグビー施設です。 今日は、関東、中央、専修 リーグ戦三校が集結しました。 こんなこと過去にあったでしょうか? より…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドラマ「仁」がおもしろい。 ほとんどドラマは観なくなってしまったが今唯一みているものだ。 というところへセブンイレブンでこのようなものを見つけた。 思わず買い物かごへ・・w 現代はバーチャルな時代と言われるが、ドラマで映っていたものが 実際に食せるなんて、面白い。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上本博紀

鳥谷選手の負傷退場により急遽、上本選手に白羽の矢がたった。 そして周知のとおりの大活躍。 かつての掛布選手のデビューがデジャビューした。 レギュラーの藤田平選手が結婚式で不在。 野田征稔選手は母親を亡くして帰郷中。 そこでにきび面の高校出の選手が起用される。 そしてそのチャンスを見事に生か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東日本セブンス 1/2

秩父宮へ行ってきました。 久々の秩父宮は芝生が綺麗に整備されていてとても心地よい光景でした。 観戦する側も半袖でも暑いくらいでしたので選手達は大変だったと思います。 とにかく丸一日堪能させていただきました。 こんな時期ですのでお祭り感覚の行事はどんどん開催すべきと感じました。 募金活動の学生さん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伊集院静氏

伊集院氏の文章はいつも胸をつかれる。というより胸を貫通するといった方が適切だろうか。。 毎春恒例「新社会人への言葉コラム」は祝福と同時に仕事の大切さ素晴らしさを 見事なまでに伝えている。 抜粋 『新しい人よ。今は力不足でもいい。しかし今日から自分を鍛えることをせよ。それが 新しい社会人の使命…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハイテク

相模原球場のスタンドで驚いたのは野球はすっかりハイテク化されていたこと。 居並ぶビデオ。そして自軍、および他校の学生の手には数え切れない程スピードガンが。 また俊足打者が打席に立つとストップウォッチが活躍。 それらの数値が随時「カチャカチャカチャ」とパソコンに入力されていく。 昔はと言えば「あいつ球はえー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鶴見大学 VS 関東学院

相模原球場に行ってきました。 スコアボードの背景に山並みが見えるなかなか乙なスタジアムでした。 今やどこのチームも「右投げ左打ち」の選手ばかりです。 親、指導者がこぞって左打ちに代えている姿が目にうかびます。 また以前はアンダースローが減っていましたが最近また多く見受けられる 様にな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

緊急地震速報

初めて緊急地震速報をきいたのは昨年の春だったと思う。 電車の中で例の「イーイーイ イーイーイ」が鳴り響いた。 「誰だ?今時マナーモードにしてない奴は あ?」 一斉に車内のムードが険悪になった。 しかし次の瞬間 「げ、オレだ」 「いやだ私の携帯なんか鳴ってるし」 「そ、そんな、マナーモードにし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

誤審

脇谷選手、痛恨の落球。1985年の河埜氏の落球を彷彿とさせた。 これで阪神は今年も波に乗りめでたく優勝や。 ・・・と思ったら歴史にのこる、まさかの大誤審が・・・。 ここで土○塁審の心の内を妄想してみると・・・。 カキーン! (たかっ!  相変わらずブラはパワーある…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

花見と人見

桜吹雪が舞い散り、あっという間に葉桜になりだした。 桜前線はこれから被災地を渡り歩いていくだろう。 なぜ花見に桜が適しているかというと ・桜は散るのが 早く、その散り際の潔(いさぎよ)さは、武士の生き方と重ねあわされてきた。 ・桜の花びらは全て下を向いて咲くので下から見上げるのに適している。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

CM

TV番組、TVCMがほぼ平常どおりに戻ってきた。 弊社でもTVCMの自粛を解禁したが「お見舞いキャプション」を 追加しようとしたところTV局側から以下の見解が示された。 「お見舞い広告は死傷者が多数出ている災害であり類似の広告が集中的に 放送されることは視聴者に過剰感を与えることはもとより被災…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一ヶ月

震災から一ヶ月が経過した。あっというまの一ヶ月だ。 甚大な揺れ、交通網全滅、計画停電、品不足、そして放射能。 経験したことのない事象がめまぐるしく続いた。 この間の社会的なニュースはほとんど抜けていた。 東海大相模がいつのまにか優勝していた。 前ページで桜がほころび始めたと書いたが既に満…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

自然と人類

以前何かの本で「他の星に生命体がいないのは、そこに水がないからである。それだけの違いだ」と 読んだことがある。地球も他の星となんら変わらないが唯一水があった星なのだ。水中で生命体の 元が生まれ、地上、空へと生物がひろまっていった。 そんな地球の水を愛しく感じたものだが、今回は他ならないその水に全てを流され奪い去…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

未来少年コナン

今後の電力開発施策の見直しが検討されているという。 9機の原発開発案があるそうだが・・。 海外でも原発反対の運動が急加速しているとか・・。 「原発は安全です」のうたい文句も想定外の自然災害には勝てなかった。 これだけ被害が現実になると大人しい日本人も新たな原発開発には 簡単には首を縦には振らないだろう。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

憂鬱

たけし師匠のコメント。 「こんな時に火事場泥棒するやつは撃ち殺せばいい」 前々項でも触れたが被災地の犯罪者は本当に人間に非らずだ。 また「どうもストレスがたまり下痢がとまらない」とのコメントもあった。 考えてみると小生も胃のあたりに鉛がずっとある感じだ。 テレビは朝から晩まで震災の悲劇。 新聞も涙…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なぎら健壱さんトークイベント

こんな時期ですが思い切って出かけました。 当のなぎらさんも「こんな時期ですが皆さんがすこしでも肩の力が抜ける ようにとやってきました。」と第一声。 はしゃいだり毒舌したりいつものなぎらさん色はなく、しんみりした雰囲気で すすみましたがそれがまた良かったです。 いろんなミュージシャンの裏話をする中で「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more