テーマ:食べログ

ぎょうざ漫遊記 その36

金沢文庫 梁山泊 460円 商業施設内の一番奥のありました。 目立たないけど満席。 皮に玉子を混ぜているのが特徴。 皮厚でまるでモチを食べているよう。 この貼紙。 TV消した時、客ともめたのでしょうか・・ しかし20:30て中途半端な時間で・・ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ぎょうざ漫遊記 その35

野毛 萬里 336円 くたびれた商店街にありくたびれた店構えでくたびれた餃子w しかし何とここが日本での焼き餃子発祥の地。 歴史の香りをまといながら食します。 へたに被れずストレートな作り方。 これが日本全国へ広まったと思いながら噛み締めると とても味わい深いものになります。 ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ぎょうざ漫遊記 その34

浜松 錦華楼 350円 ゴテゴテの概観に目を奪われ入店しました。 いま流行のきたなうまい店をかたどった形です。意識的かどうか わかりませんが。カウンターもボロボロ。 意外なことに店長さんは草食系でしたw 味はやはりみじん切りの野菜がつまったさっぱり系。 もやしは味付けがされていないのでやはり餃…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ぎょうざ漫遊記 その33

浜松 むつぎく 460円 待望の浜松餃子。店の外と中にお断りの張り紙。 さすが行列の出来る店。どんだけ上から目線です。頑固親父店主を想像して 暖簾をくぐりましたが店員さんは皆さんそろって丁寧。あくまで客が混雑しない ための理由のようでした。 昭和37年創業ということで店内は趣があります。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ぎょうざ漫遊記 その32

新宿 中国菜館天然坊  新しいお店で内装が綺麗なためOLさんが目立ちます。 棒状の餃子で度肝を向かれますがしっかりした餡が凝縮されて いて舌鼓をうちます。 店員さんはみな中国語ですが頑張って日本語で料理の説明をしてくれ 店長さんもフレンドリーでした。何かサービスをしてくれたようですが それは聞…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ぎょうざ漫遊記 その31

浅草 浅草らーめん 380円 浅草で中華大丈夫?という心配はよそに店内は満席。 皮のつなぎ目がきっちり止めてありパリパリ感プリプリ感 両方が楽しめます。名物と大きく書いてあるだけあり しっかりとした味でした。 まいうー
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ぎょうざ漫遊記 その30

鎌倉 あしなや 480円 創業70年という老舗です。元々はふとん屋さんでした。 看板の「地元タウン誌も知らない」ってそんな自虐的な・・ 70年も時間があるのですからタウン誌も取り上げてあげましょうよw 割高感の高い鎌倉ではめずらしく割り安。 小粒でしたがピリッとからめ。唐辛子かなにか入っていまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ぎょうざ漫遊記 その29

鎌倉 逢莱閣 460円 中華料理店風の店構えです。鎌倉大仏のお膝元ということもあり 大降りで餡がたっぷり入っています。ちょっと油残りが多かったかな。 壁に鎌倉ビールの地ビールポスターがありました。750円という 値段に二の足を踏みましたが今となって気になりまくり・・後悔 他鎌倉の店先のメニューも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ぎょうざ漫遊記 その28

外苑前 元祖札幌や 400円 ここはいつもラグビーの観客がそのまま流れてきてラグビー談義こみで いただくことになります。しかもおしさん率100% 女性は近寄れません。 ラーメンを食べるというより軽く乾杯して試合の感想を激論する場です。 そんな客層を満足させるだけあり味はうまみがしっかりと凝…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ぎょうざ漫遊記 その27

中野 東北餃子楼 420円 餃子というより春巻き焼きといった体。 あつあつ鉄板に乗って出てくるので最後の一本を食し終えるまで あつあつです。 はじからはじまで焼き上げてあり香ばしくておいしくいただきました。 帰りの道で上顎の皮がむけていることに気がつきましたw また他の店では攻撃的…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ぎょうざ漫遊記 その26

川崎 一番 550円 皮も具も自家製が売りだそうで大変ジューシーな味わい。 駅前ということもあるのでしょうか女性の一人客が多かったです。 おっと、ここでは噂の川崎みそが出てきました。 ここの餃子とはなかなか合いました。全体的にぷりぷり感があり ボリューム満点です。 まいうー …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ぎょうざ漫遊記 その25

渋谷 大島ラーメン 350円 入り口に着くまでガラス越しに作っているところをみせられるので 席につくころには頭の中は餃子一色です。 大きな羽根つきです。浜松餃子風でもやしも添えられています。このもやしの 味付けがまた秀逸で箸がとまらない。 そしてしょう油皿にはカラシ&大根おろしが・・ これ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ぎょうざ漫遊記 その24

両国 亀戸餃子 250円 言わずとしれた東部地区を代表する名店。 店構え、店内と下町色満載でした。 本店とは違い、一枚からOK、他メニューもありでほんわかムード。 味はといえば小ぶりの中にキャベツ中心にシャキシャキ感たっぷり。 皮は薄めでしっとり、しかし底側はパリパリ香ばしい。 さすがの出…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ぎょうざ漫遊記 その23

渋谷 餃子屋台 480円 新宿店よりアジアンテイストがさらにヒートアップしています。 渋谷という土地だけに餃子店というより若者達の飲み屋的雰囲気に 包まれていました。 味は当然ですが新宿店と同じで満足点。もやしは添えてありませんでしたが。 まいうー
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ぎょうざ漫遊記 その22

大崎 餃子の郷 600円 ひたすらでかい。 しかし始皇帝大餃子というネーミングに負けず味は大味にならず コクと肉汁がが口の中にひろがります。 また「ぜひからしで食してみてください」とのことでチャレンジ。 これがなかなかオツではないですか。 まあシューマイがからしなのでアリということに不思議はないで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ぎょうざ漫遊記 その21

新橋 恵比寿天下一 600円 でかすぎ。 おばちゃんに「3こ?6こ?」と訊かれ、つい「じゃ、6こ」と返答したことを 悔やみます。他のものはもう食せませんでした。 味はというと、これでもかというくらいミンチされており、ちょっと歯ごたえが 足りずクニュっとした体で。 年輩中心の客層が多かったのでそれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ぎょうざ漫遊記 その20

横須賀 上海亭  はでな看板にさそわれ入店。 ひき肉が多めに詰められてあり大ブリ、ガッツリ食す体で。 おやじさんも食してみやがれいという体で。 それでいて客層はアットホームな体で。 まいうー
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ぎょうざ漫遊記 その19

金沢文庫 三幸苑 480円 残念。餡にジューシーさが感じられずパサパサ。 また調理人が見えるところで喫煙。 既出のように嫌煙派のため再訪はなし。 以前、食したサンマー麺は美味でしたが・・
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ぎょうざ漫遊記 その18

金沢文庫 みなみ 420円 商店街にある小ぎれいな店舗。 配膳されてきたその盛り付け状態をみただけで美味しいとわかる。 ボリュームがあってそれでいて、しっとり感。 ただ一つ残念だったのが食す時に皮がハラリとはがれ餡が しょう油皿にこぼれてしまいました。 それでも味は まいうー
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ぎょうざ漫遊記 その17

川崎 成喜 315円 ちょっと見つけにくい路地裏の場所にある創業50周年の店です。 おおっと出ました。川崎餃子の特徴は「みそ」と宣伝されていますが、初めてお目見えしました。 さっそく川崎みそで試食。 ・・・微妙。 その後しょう油で食す。 ・・・やはり餃子にはしょう油、という…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ぎょうざ漫遊記 その16

川崎 太陽軒 500円 野菜がたっぷりはいっておりそしてニンニクもたっぷり。 ボリューム満点です。 中華料理屋さんでありながら地元商店街の常連さんの御用達といった体。 喫煙可なので料理を楽しむというより喫茶店替わりか。 肩身のせまくなった喫煙派にとっては天国ですね。 世間では禁…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ぎょうざ漫遊記 その15

代々木 天下一 290円 半額のサービス曜日に訪問したのでラッキー。 大ぶりで野菜が多めにつまっています。 場所柄もあり予備校生のグループがいました。 ただ、店員さんはその時一人しかおらず、注文・配膳・おろし、そして 厨房と全て兼任してました。ゆえにでてくるまで時間がかかりましたね。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ぎょうざ漫遊記 その14

熊谷 李家 400円 この盛り付けの状態で出てきました・・w 視覚も味付けのうち、といわれる現代、とにかく味で勝負ということでしょうか。 それともラストオーダー5分前に滑り込みで入店したのでご機嫌を損ねたので しょうか・・w 味はといえば小ぶりで肉汁すくなめ。皮はツルツルでモチモチで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ぎょうざ漫遊記 その13

宇都宮 餃天堂 420円 包み方に特徴があります。戦場宇都宮にあって異質の「かわいい」感。 パリパリどころではなく思い切り焦がしている。 しかしながらその程度が絶妙で香ばしい。 まいうー
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ぎょうざ漫遊記 その12

宇都宮 幸楽 240円 同じく来らっせにて・・ 全体的にムラなく焼き上げてあり食感もいい塩梅。 玉ねぎが入っているのでしょうかぎゅっぎゅっと濃縮した味わい。 羽根があるわけでもなくタレがこっているわけでもないが 老舗王道の安定した味。 まいうー
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ぎょうざ漫遊記 その11

宇都宮 めんめん 350円 羽根でかッ バリバリ噛んだあといきなり肉汁が。やられました。 香ばしいのあとに野菜のうまみが凝縮。 おすすめも食べ方、「お酢だけ」もありです。 あっさりがくせになるかも。 ただ一つ失敗したのが来らっせで食したこと。 日替わりで28店舗の味が楽しめる集合…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ぎょうざ漫遊記 その10

宇都宮 シンフー 210円 みんみんのすぐ傍で営業です。行列はなし・・ 客はもっていかれる、しかしおこぼれが流れてくる。 どちらなんでしょう、でも店主は後者で続けているのでしょう。 シンフーとは中国語で「幸福」 食べた人が皆幸福になるそうです。 店内は円卓があり中華屋風、でありながら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ぎょうざ漫遊記 その9

新宿 餃子屋台 480円 店内は中国というよりはアジアンテイストな様相。 しっとり系でいい塩梅。餡はやわらかめ。 浜松を意識してかもやしが添えてあります。なかなか合います。 鉄板のままでてくるのもうれしい。 チェーン店なので味も安定。接客も気持ちよし。 ラー油が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ぎょうざ漫遊記 その8

渋谷 立吉 500円 シャレオツ! スタンディングバー形式。 他の餃子屋さんとは一線を画しています。 店員のお兄さんもイケメン。 埼玉の野菜をふんだんに盛り込んでいるそうで ボリューム感満載。 まいうー。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ぎょうざ漫遊記 その7

楊州商人 350円 チェーン店だけあり安定した味。 皮は厚めでニラがきいている。 具入りラー油もなかなか。 中国人の店員さんもみんな活気があって盛り上がってます。 ジャスミン茶が飲み放題なのも嬉しい。 ふかひれはさながら中華街を彷彿とさせます。 まいうー。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more