テーマ:旅行

京都旅行 3日目

3日目~ 今日はバスで巡回します。 京都駅からスタート。 お得な一日乗車券。 乗り放題~。 金閣寺 金閣寺と呼ばれていますが正式には鹿苑寺(ろくおんじ)といいます。金閣寺の歴史を振り返ると古くは鎌倉時代に藤原一族の藤原公経(西園寺公経)(さいおんじきんつね)がこの地に西園寺を建立し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都旅行 2日目 その2

カラッと雨が上がり知恩院 浄土宗の総本山。華頂山知恩教院大谷寺というのが正式呼称。法然上人が浄土宗を開創し、また、建暦二年)入寂した地です。現在高台に法然上人の御廟(ごびょう)があり、本殿は御影堂と称して法然上人像をお祀りしています。境内は七万三千坪を誇り、近世初期の建物である三門・経蔵(きょうぞう)・大方丈(おおほうじょ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都旅行 1日目 その2

三十三間堂。 焼失してしまうのですが、すぐに1266年に再建されました。その後、室町・桃山・江戸そして昭和と4度の大修理により700年間保存されています。長いお堂は和様の入母屋・本瓦葺きの「総檜造り」で約120m。正面の柱間が33あることから「三十三間堂」と呼ばれ、堂内には1001体もの観音像が祀られています。また見落としがち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

長野旅行

長野県に行ってきました。以前から「戸隠五社」に行ってみたいと思っていましたが 「パワースポット」として紹介されてからというもの混雑がすごいと。。 テレビの特集でもレポーターが 「まるで原宿の竹下通りのようで~す、みなさんもぜひきてくださ~い!」 とのたまっていましたが「雑踏の戸隠」はどうも気がすすまず先送りになっていました。…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

沖縄旅行 後記その2

沖縄と云えばいわずもがな、海! 関東の砂浜といえば老夫婦が散歩していたり(これはこれでよし) おっさんが見苦しいからだを晒して日光浴(これは許せん! ) が日常的な風景ですが沖縄のビーチでは                             (ガン見! w)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

沖縄旅行 後記

出発前は期待妄想感が大々的に広まるものですが今回は何といっても シーソングを聞きながらの海岸沿いのドライブ サザン、チューブ、大瀧詠一、ビギンなどipodには候補が盛りだくさん 青い空、青い海、爽やかな潮風、そしてノリの良いミュージック も~たま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

兵庫旅行 その4

最後は世界遺産の姫路城です。今回の旅のメインイベントです。 白亜の城壁が美しい天空の白鷺城。 昭和の大修理から50年経過し、いよいよ平成の大修理がはじまりました。 その修理の様子を間近に見学できるのは今しかない、とのことで こりゃ行くしかないべ、となりました。 駅をおりるといきなり雄姿が。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

兵庫旅行 その3

2日目は生田神社からです。 縁結びのご利益があると有名な神社。災害を乗り越えてきたことから 「蘇る神」とも呼ばれています。 つづいて新長田の名物、大迫力の鉄人28号。 これずっと見たかったやつです。 若松公園にあり高さ18mの巨大モニュメント。1/1スケール原寸大。 阪神大震災直後に長田を…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

兵庫旅行

兵庫県に行ってきました。 山と海に挟まれ、歴史と文化がありながら最先端のファッションタウンも 満載している都市、ではでは出発。 まずはラグビー観戦した関西学院大学キャンパス。 今はどこの大学もお洒落です。 というか阪急電車を利用するので、まるで 『阪急電車 片道15分の奇跡』  http://www…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

長崎旅行 4日目 その4

ではでは長崎空港から九州の地をあとにします。 空港で待機している航空機は1機・・・ うじゃうじゃいる羽田空港とは・・ いやいや一目で自分の乗る機がわかるのでこれもまたよし。 「航空機ちっちゃ」の声がもれ聞こえてくるほど行きのものの半分の大きさ。 ただしちょうど満席になる程度なのでこれで充分でしょ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

長崎旅行 4日目 その3

長崎では猫があちこちにいました。 そしてそろって余裕のかまえ。 逃げるでもなく擦り寄ってくるでもなく堂々としたものです。 観光客が多くもう慣れているのでしょうか。 また古来、オランダ人やポルトガル人は自国から多くの猫を長崎に 連れてきたそうです。 したがって今いる猫は舶来のセレブ猫と、ジモティの和猫に分かれるそうです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

長崎旅行 4日目 その2

龍馬ロードにて龍馬の看板コレクション。 近所のおっさんがサービスで作っているのかと思ったら結構有名な人が 作っているらしいです。 通りすがりのおばちゃんネタなので定かではないですが。 けっしてジャイケルではありません。 気がついただけでこれだけあるので全部でどんだけあるのでしょうか。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

長崎旅行 4日目

さあ、ついに最終日、感動のフィナーレです。 あっという間の、といいたいところですが、非常に多くの物を 見ることができたので充実した長かった長崎の旅でした。 終わりよければすべてグー がんばっていきましょう。 まずはルーホテからの夜明けの景色。夜景もきれいでしたが夜明けの景色もなかなか。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

長崎旅行 3日目 その4

さてさて無事に軍艦島にも上陸できご満悦のままランチタイム。 長崎出島ワーフで海の幸、地げ丼をいただきます。 冬の魚の身が引き締まってプリプリでこりゃまた、まいうー。 ルービーもおかわりです。  つづいてはすぐ裏の出島へ。 正直、物心ついた時の長崎といえばカステラとこの出島しか印象があ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

長崎旅行 3日目 その3

それでは上陸。 実は当日の天気予報はよくなかったのです。 前夜の天気予報でも、寒波がきていて隣の福岡の予報は雪 「ゆ、雪? こりゃ長崎もあかんわ、予約今日にしとけばえがった~」 と床についたものでした。 当日の朝もどんより曇り空。 出発前、船長さんも「何とかがんばりたいと思いますが上陸できないこと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

長崎旅行 3日目 その2

いよいよ軍艦島の姿が。 本当に姿は軍艦です。 戦時中は敵艦が本当に勘違いして魚雷を撃ってきたこともあったとか。 ちなみに軍艦島ツアーの料金は4300円。 しかし状況によっては島に上陸できないこともあります。 それは 風速5メートル・波高50cm を超える条件になった場合。 場所が外…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

長崎旅行 3日目

さて今日は心待ちにしていた軍艦島上陸ツアー。 軍艦島は端島の俗称であり長崎港から18kmの海上にあります。 江戸時代後期に石炭が発掘され明治時代初頭に開抗。 良質な石炭を供給し日本の近代化を支えました。 採炭量が増えるにつれ国からの援助も潤沢になり人口も大幅に増加。 生活環境はセレブそのもの。 日本初の7回建て鉄筋マンシ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

長崎旅行 2日目 その4

大浦天主堂のすぐ裏のグラバー園へ。 外国人居留地だった丘に洋館を移築・復元したもの。 うわさの隠し部屋。幕末の志士たちの密会に使われたとか。 長崎港の景色一望で明日お世話になるルーホテも。 当日は白人さんの団体さんが来ていまして、当時の居留地…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

長崎旅行 2日目 その3

長崎では今でも路面電車がところせましと走っています。 しかも本数がパネエ。 「あああ、電車行っちゃたよ・・・」と腕時計を覗いて、何気にふっと後ろを振り向くと もう次の電車がこちらへ向かってやってきています。 しかも運賃は120円均一。これは乗るっきゃない 昭和20年代生まれのレトロな車両から最…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

長崎旅行 2日目 その2

それでは龍馬通りにいきます。もちろん下りなので鼻歌まじり~ まずは若宮稲荷神社。創建は延宝元年。 亀山社中の御歴々も参拝していたことから勤王稲荷神社とも呼ばれています。 龍馬像は先ほど見たものの原型です。 つづいて下ると亀山社中資料展示館。 って、きたなトラン? {%げっそりw…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

長崎旅行 2日目 その1

それでは2日目です。 ホテルで朝食をいただき早めの出発ということで。 まずはホテル裏手にあります唐人屋敷を訪問。住宅街の中に ひっそりと佇んでいます。 1689年に中国人貿易商たちの居住区として建設されました。 かつての住人たちが厚く信仰した4つのお堂が面影を残しています。 …
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

ヒロシマ そして今ふたたびの奈良へ。

今年の夏は猛暑を避けてどこか南海の楽園に足を伸ばしカラッとした 夏空の下、頭を空っぽにしよう と妄想をいだいておりましたが相方に 「何を言ってるの、今年は国内しかないでしょ」 の鶴の一声で広島と奈良に行ってきました。 ヒロシマ ついに65年目になりました。ことしもあの日と同…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more